2019-12-12

Natural Building for Women

Permaculture Center Kamimomi presents Natural Building for Women with instructors Liz Johndrow and Ariel Burns. Several hands-on workshops focused on skill building for women. Come learn the fundamentals of everything from earthbag foundations to timber frame design and construction, natural wall systems and natural plasters at one of Japan's premier Permaculture education sites. A once in a lifetime opportunity not to be missed. No previous experience required!
(日本語訳は英語の後に続きます。)

2020 Dates and Participation Fees:


Earthbag Basics  (May 1-3)  29,000 JPY
Learn the principles of foundations and the basic techniques of earth bag construction.

Timber Framing (May 4-10)    77,000 JPY

This intensive seven day workshop will lead you through square rule timber frame joinery and raise two small structures.

Natural Wall Systems and Passive Solar Design (May 11-15)    59,000 JPY

Learn a variety of infill wall systems including light straw clay and light rice husk lime insulation. The principles of passive solar design will also be discussed while solar gain, high performance insulation and artistic expression are combined into a natural building.

Natural Plasters and Artistry (May 18-20)    39,000 JPY
In this three day workshop we will explore, experiment and discover clay and lime plasters with a touch of artistic flair.

10,000 JPY discount if participating in multiple courses and paid by March 1.
Fee includes professional instruction, delicious meals and comfortable housing in a traditional Japanese folk house. Participation is limited, so register early. Full payment reserves your spot. Airport pick-up from Okayama International Airport available.


Place:  Permaculture Center Kamimomi, Okayama, Japan

Permaculture Center Kamimomi is a model Permaculture education center and demonstration site furthering sustainable practices, knowledge and community. We host workshops in natural building and Permaculture systems, such as a monthly year long course in no-till organic rice cultivation, and regular timber framing, natural building, Japanese plastering, and forest management courses. We frequently have guest instructors from around the world and teach in Japanese and English. Permaculture Center Kamimomi is predominantly on a south-facing slope, with terraced rice paddies, annual and perennial vegetable beds, an orchard, and forest that produce food, fuel and building materials. Several freshwater springs provide water year-round. The site has a main house with class and event space, a communal indoor and outdoor kitchen, and space for visitors to stay. There is a treehouse looking over the orchard with an excellent view of the valley below and the new timber frame building under construction. The Permaculture Center is located in Kamimomi, a scenic and agriculture-rich village in Okayama Prefecture struggling with depopulation. We are 15 minutes by car from the nearest train station and 40 minutes from Okayama International Airport.


Instructors: 


Liz Johndrow-
Liz has been a hands-on learner all of her life. In 2004, with an earlier background in carpentry, she began to focus on natural and earthen construction: straw bale houses and timber framing, natural plasters and earthen floors, and cob and adobe construction. She founded her business, Earthen Endeavors Natural Building, in 2009 and launched TERRA Collaborative in 2014, formalizing the work she had been doing in Nicaragua since 2011. Liz works on homeowner building projects large and small, teaches natural material-based building skills in workshops and apprenticeships throughout the US and Central America.

Ariel Burns-
Ariel splits her work life between timber framing & carpentry in Central Maine and joining Liz on natural plaster projects and TERRA teaching opportunities. She loves the intersection of beautifully finished wall systems and handcrafted timber homes and supporting others to gain these skills.




Languages:  English with Japanese interpretation

Registration: https://forms.gle/gUeRz3z5bLYvzphDA

Inquiries:  PermacultureKamimomi@gmail.com

Supporting Organizations:  TERRA Collaborative, The Pueblo Project, Japan Straw Bale House Research Association

パーマカルチャーセンター上籾では、リズ・ジョンドローとエリアル・バムズを迎えて、女子自然建築WSを開催します。アースバッグハウスの基礎作りから、軸組デザインとそれを組むところ、天然素材の壁の仕組みや自然素材の左官をセンター内で実際に手を動かして体得していきます。建築未経験者でも大丈夫です!


日程と授業料

・アースバッグ入門(5月1日~3日)29000円
基礎作りの原則、アースバック構造の基本的テクニック。 

・大工手刻み木組み(5月4日~10日)77000円
スクエアルールと言われる墨付け方法や軸組の刻みを始め、小規模の建築物を立てる7日間の集中講座。  

・自然建築とパッシブソーラーデザイン(5月11日~15日)59000円
軽量藁土充填工法や軽量籾殻消石灰充填工法を始め、様々な壁の作り方や、断熱方法を学びます。断熱に関連し、パッシブソーラーデザインなどの太陽光の利用や効率的な断熱やアートな仕上がりをどう自然建築のデザインに繋げるかなども取り上げます。

・DIY左官アート(5月18日~20日)39000円

土と漆喰を使ったアート仕上げなどをクリエイティブに体験します。

3月1日までに、2つ以上のコースに参加申し込み&支払いされる方には1万円の割引があります。参加費には、講師料、食事、宿泊が含まれます。金銭的な理由で参加できない方、相談ください。定員に達しますと受付を終了させていただきますので、早めにお申し込みください。全額のお振り込みを持って、申し込完了とさせていただきます。岡山空港空港送迎なども別途受け付けておりますので、ご入用の方はお問い合わせください。


講師陣:

リズ・ジョンドロー

実践者であり続けるリズは、大工としての経験を積んだのち、2004年から自然建築、土建築、ストローベイルハウス、軸組、天然素材の左官、土の床、コブ、日干し煉瓦などに力を入れるようになる。2009年に Earthen Endeavors Natural Buildingとして起業し、2014年に、2011年よりニカラグアで行っていた活動をTERRA Collaborativeとして起業。アメリカおよび中米を中心に、家主と共同で、自然建築のワークショップやトレーニングを行っている。




エリアル・バムズ
米国メイン州を拠点に大工仕事の従事しながらリズとの自然建築のプロジェクトで左官やTERRA Collaborativeで講師も務める。手仕事で仕上がった木の軸組と天然素材で美しく仕上がった壁が合わさってできる世界が大好き。講師としては、生徒の技術向上をサポートすることに喜びを覚える。




言語: 英語と日本語スポート

申し込み: https://forms.gle/gUeRz3z5bLYvzphDA

問い合わせ: PermacultureKamimomi@gmail.com

応援団体: TERRA Collaborative, The Pueblo Project, 日本ストローベイルハウス研究会

2019-02-03

Two Weeks of Natural Building at Permaculture Center Kamimomi


Week 1: Natural Building with Michael G. Smith  (October 25-30, 2019)
Week 2: Natural Plastering with Earth and Lime (November 1-6, 2019)
Hands-on Workshops @ Permaculture Center Kamimomi, Okayama, Japan

Place                      Permaculture Center Kamimomi
863 Kamimomi, Kumenan-cho, Kume-gun, Okayama 709-3621, Japan
                                     https://goo.gl/maps/4GZy8jmhQAm

                                      
Content                 Week 1: Practical training in various natural building techniques such as Cob, Straw Bale, Light Straw Clay, Light Rice Husk Lime, Wattle-and-Daub, Clay Wattle, Natural Paints and Earthen Floor at one of Japan’s premier Permaculture education sites. Actual construction will take place on several buildings at Permaculture Center Kamimomi. The Course will also include theoretical training in Passive Solar Design and Composting Toilets. Content subject to Change.

                                      Week 2: An intensive training in traditional Japanese plastering and contemporary earth and lime finishes including history, plastering procedures, materials and tools, with an emphasis on plastering fundamentals. Techniques include:
                                      Shikkui (lime, hemp and seaweed glue)
Nami-Otsu (colored clay, lime and hemp)
Kirikaeshi (fine clay, sand and straw)
Nakanuri (earthen plaster brown coat)
Arakabe (clay/chopped straw)
                                      Takekomai (traditional Japanese bamboo lattice)
Instructors:         
Michael G. Smith (week 1 only)
With over 25 years of experience in teaching natural building, Michael is one of the world’s authorities on building with earth and straw. In 1993, Michael co-founded the Cob Cottage Company, which reintroduced cob building to the United States. He is the author or co-author of many articles and books, including “The Art of Natural Building” and “The Hand-Sculpted House”. Michael has designed and/or built over 60 natural structures, specializing in space- and energy-efficient hybrid design. He co-founded the Natural Building Colloquium and serves on the Board of Directors of the Cob Research Institute.
Kyle Holzhueter, PhD.
Kyle works as a builder, researcher and educator specializing in natural building materials and sustainable systems such light rice husk lime insulation, natural plasters and energy efficiency. He is a graduate of the Kyoto Plastering Institute and the first westerner in Japan to pass the level one Japanese National Plastering Exam. He also has a PhD in Bioresource Sciences from Nihon University where he researched the hygrothermal environment of straw bale walls and building practices to control moisture. In 2017 Kyle founded Permaculture Center Kamimomi, a Permaculture demonstration and education site in Okayama, Japan.
Language              English with Japanese interpretation
Participation Fee
                                Week One 
                                                         90,000JPY (if paid by May 1 or if  taken with week two)
100,000JPY (after May 1)

Week Two
                                                        75,000JPY (if paid by May 1 or if taken with week one)
85,000JPY (after May 1)

The participation fee includes instruction, meals and housing in a traditional Japanese folk house. Participation limited. Full payment reserves your spot. Airport pick-up from Okayama International Airport available.
Registration          https://goo.gl/forms/nRFhRurFVJGX6V703
Inquiries                 PermacultureKamimomi@gmail.com
Supporting Organizations:  Ecology ArchiScape NPO, Japan Straw Bale House Research Association, Tokyo Urban Permaculture
Facebook Event Pagehttps://www.facebook.com/events/380823806060489/

2018-12-23

パーマカルチャーデザインコース2019 & パーマカルチャー実践コース 2019

パーマカルチャーデザインコース2019
一週目 2019年5月22日(水)〜5月28日(火) 6泊7日 
    パーマカルチャー AWA(千葉県南房総市和田町)
    ※パーマカルチャーサイトにホームステイ予定。
二週目 2019年8月1日(木)〜8月7日(水) 6泊7日 
    パーマカルチャーと平和道場(千葉県いすみ市)
    ※キャンプ(テント類持参)か古民家で雑魚寝の宿泊予定。
合計 12泊14日

パーマカルチャー実践コース2019
三週目 2019年10月2日(水)〜10月8日(火) 6泊7日 
    パーマカルチャーセンター上籾(岡山県久米南町)
    ※PDC修了者のみ対象のコースとなります。

参加費:
PDC2019ー165,000円(72時間の座学中心の内容)
実践コース2019ー83,000円(PDC卒業生のための実践コース)
※学生や若者また資金的な理由で参加に関して難しさを感じている方にも、参加して頂きたいという想いから奨学金制度の調整をしております。分割希望など質問ありましたらフォーム入力の上、メールにてご相談ください。

含まれるもの:
授業料、宿泊、食事、パーマカルチャーデザインコース卒業証書

支払い規約:
3月29日までに全額または半額の入金を頂きます。
4月19日までに全額の入金を頂きます。
申込〆切以降、2月22日までに申込確定の返信させて頂きます。返信後、全額またはデポジット20,000円の入金を頂きます。3月1日までに入金がない方には次にお待ちの方を参加とさせて頂きます。

キャンセルポリシー:
キャンセルの場合、申込入金後
3月29日までは事務手数料20,000円
3月30日〜4月19日までは半額
4月20日以降は全額がキャンセル料として発生します。
※興味ある方が平等に応募できるように募集期間に猶予をもうけています。定員になるまで、随時お申し込みいただけます。
※各コースの日程すべてに参加できることが必要となります。
         
言語:日本語

定員:28名

応援団体:
 NPO法人アーキスケープ・エコロジー
 日本ストローベイルハウス研究会
 東京アーバンパーマカルチャー
 一般社団法人エディブルスクールヤードジャパン

申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/TJ7SlpMbvZWYtSd53

問い合わせ先:
awapdc17(a)gmail.com ←(a)を@に変えて送信

パーマカルチャーデザインコースの見所
Permaculture Design Courseはパーマカルチャーデザインを実際のフィールドで習得する理論とデザイン実習の両方に力を入れた72時間のデザインコースです。
本コースを修了した参加者はパーマカルチャーデザイン修了証を受け取り、パーマカルチャーデザイナーとして活動することができます。
多様な経験と技術をもつパワフルな講師陣!
日本と世界のパーマカルチャー最先端活動を紹介!
パーマカルチャーAWAなど実際のパーマカルチャーシステムを体感!
千葉の多文化パーマカルチャーコミュニティーに参加!
オルタナティブな生き方を模索している参加者との出会い!
近くの滝やビーチでリフレッシュ!
パーマカルチャー流ピザパーティとキャンプファイアー!
パーマカルチャー・デザイナー(活動家)への大きな一歩!
さらに、パーマカルチャー・ホームステイ!
パーマカルチャー実践者の住まい三カ所でホームステイを企画しています。様々なパーマカルチャーの実践の形を生活を通して体験し、実践者の世界と本音を味わってもらいます。ホームステイのホストが朝ご飯や夜ご飯を提供し、大家族のような時間を過ごしてもらえる様に準備をしています。ホームステイ先の詳細は申し込み完了後、追って報告します。


講座の内容:
パーマカルチャー基礎・原理
サイト分析・デザイン
エネルギーシステム
水のシステム
自然建築
自然農法
EM / IMO
果樹園 ・フォレストガーデン
農林業
水耕栽培
穀物
家畜
アーバン・パーマカルチャー
エコヴィレッジ
コミュニティーデザイン
オルタナティブ経済


パーマカルチャー実践コース
カルチャー実践コースはパーマカルチャーデザインコース(PDC)を終了したPDC卒業生のための実践コースで、パーマカルチャー的な暮らしをするために必要な技術を学ぶ講座です。パーマカルチャーシステムを実際のフィールドで具体的に作り上げて、パーマカルチャーサイトを実現するためのスキールを習得するコースです。さまざまな暮らしの要素を、自分の手で作って使っていくことが目的です。
例えば、共感コミュニケーション、火の道具、自然建築、果樹園の管理、植林の有効利用、棚田再生、里山再生等です。

講師陣:

本間・フィル・キャッシュマン
2007年にパーマカルチャーの創始者、ビル・モリソンのパーマカルチャーデザインコースを受け、「Permaculture Design Certificate」 を手にしてからはパーマカルチャーシステム作りの研究と実践につくす人生。2010年からパーマカルチャー講師としてコミュニティーガーデン、学校、農園や里山でワークショップを行っています。2012年に千葉県和田町でパーマカルチャーAWAを設立。パーマカルチャーAWAでは大人向けのパーマカルチャーワークショップや子供向けの食育菜園プログラムなどを行っています。日本各地で学校、地域団体やNPO団体とコラボして、パーマカルチャーシステム作りを実践しています。パーマカルチャーに取り組む以前、15年のビルダー歴が現在のデザイン研究:コンポストトイレ、雨水貯留や排水浄化システム、自然建築やストーブデザイン又は食作りや土作りを教育やコミュニティー作りとインテグレートするプロセスデザインに役立っている。
フィルのインスピレーションは家族と友達。「楽しくないと思ったら、デザインを考え直す!」がモットー。


カイル・ホルツヒューター博士
1977 米国ウィスコンシン州に生まれ
2000 アイオワ州ルーサー大学を卒業(哲学・宗教学)
2000-1 有機農業研修(アイオワ州)
2001-3 自然農法研修(和歌山県橋本自然農苑)
2002-3 赤目自然農塾で学ぶ
2003 オーストラリアでパーマカルチャー・デザイン・コース終了
2003 オーストラリアでエコビレッジ・デザイン・コース終了
2004 オーストラリアでパーマカルチャー講師養成コース終了
2004-5 シュタイナー農法・エコビレッジ研修(ペンシルバニア州)
2006-7 ストローベイル建築研修(ペンシルバニア州)
2011 日本大学大学院博士後期課程を終了(生物資源科学)
2013 タイ王国ダルマ・エコファームにてPDCの主任講師
2016 一級左官技能士
2017 日本ストローベイルハウス研究会 会長
2017 パーマカルチャーセンター上籾 設立
現在、パーマカルチャーセンター上籾を運営しながら、日本大学の建築・地域共生デザイン研究室でストローベイル建築、土建築を研究、日本各地でリフォームと新築を施工、ワークショップ指導等を担当。天然素材で日本家屋の断熱効果・熱性能の改善、日本の左官文化の保存及び海外への紹介に取り組んでいる。


ソーヤー海
共生革命家。コスタリカのジャングル生活中にパーマカルチャーと出会い、ニカラグア、キューバ、アメリカ西海岸、ハワイ島、タイ王国、バリ島、イギリス、ポルトガルなどのパーマカルチャーの実践場を訪問する。2009年に世界的に有名なブロックス・パーマカルチャー・ホームステッドでパーマカルチャー・デザイン・コース(PDC)を受け、その後2年間研修生としてパーマカルチャーを生きる。2011年にブロックスのPDCで教え始め、ソーシャル(人間関係)パーマカルチャーを担当する。
ポートランドのアーバンパーマカルチャー運動にも関わり、福島原発事故をきっかけに都会を変える必要性を感じ、島のパーマカルチャー楽園生活から東京に乗り込み、【東京アーバンパーマカルチャー】を立ち上げる。ギフト経済を活動の土台にしながら、パーマカルチャー、共感コミュニケーション、マインドフルネス、社会運動を融合した企画やワークショップを世界各地で展開。みんなが活かされる世界を目指して創造的に活動中。
「パーマカルチャーと平和道場」(いすみ市)、Green+ コミュニティーガーデン(いすみ市)、Commune 2nd 屋上 Garden(表参道)を仲間と手がけている。
【Urban Permaculture Guide 都会から始まる新しい生き方のデザイン】監修
【みんなのちきゅうカタログ】監修

2018-10-06

2019年度耕さない田んぼの会in岡山


日程: 201810月より 毎月第3週末 10時~17
    (変則的になる月もあります。詳しいスケジュールは写真をご確認ください。)
場所: パーマカルチャーセンター上籾
(〒709-3621岡山県久米郡久米南町上籾863

内容:「耕さない田んぼ」の座学と実践
1年を通してお米作りを学ぶ「耕さない田んぼin岡山」は座学と実習で、人が「耕さず農薬、肥料、除草剤を使わない」方法を学びます。実際には、土を耕したり、稲の生長に必要な肥料を担っているのは田んぼに棲む生き物です。生き物を観察し、フィールドを用意することが私たちの役割りです。選択と実践を積み重ねていくとてもシンプルな栽培法です。
コースの目的:お水の豊富なここ上籾は昔から米作りがさかんでした。棚田100選にも選ばれているこの上籾の棚田も、年々担い手が減っています。ここを自分の田んぼと感じて、たくさんの人に長く関わってもらい、毎年、みんなで少しずつ面積を増やしていけたらと思います。
千葉県南房総市で「耕さず、農薬、肥料、除草剤を使わない」お米づくりを実践している五十嵐夫妻を講師として迎えました。座学と実習を通してお米づくりを一緒に学びましょう。面白い勉強もできるし、自分が食べているお米にもっと縁を感じてもらえれる内容になっています。お米づくりが初めての方も安心してご参加ください。

ナビゲーター:        宮下空氏(パーマカルチャリスト)
                    カイル・ホルツヒューター 博士(生物資源科学)

特別講師: 50noen(ごじゅうのえん)の五十嵐武志氏・ひろこ氏
1026月にいらっしゃいます。)
千葉県南房総市で、「自然の美しい秩序が見れる田んぼづくり」、「イネ本来の生理生態を活かしたお米づくり」をしています。「冬期湛水不耕起移植栽培」の第一人者、岩澤信夫先生から学んだ栽培法をベースに五十嵐武志が10年以上「耕さない田んぼ」でお米づくりと向き合って培ってきた生き物・雑草・イネ・田んぼの観方とお米の作り方をお伝えしています。
《五十嵐夫妻よりひとこと》
普段は千葉県の南房総で活動している私達ですが、年に3回、岡山のパーマカルチャーセンター
上籾の棚田へ指導に伺います。田んぼでの体感と連動する形で、知識もしっかりと学ぶことがで
きます。
お米づくりにおいて、まず、イネ・生き物・水田雑草との付き合い方、田んぼというフィールド
の基礎を知ることがとても大事です。
そうすると、おのずと最適な農法(方法論)を選択することができ、結果として、適切な量のお
米が実ります。
この棚田で1年間を通して得たものを、これからのご自身の暮らし、仕事、自然とのつきあい方に
活かしていただけたらうれしいです。

参加費:6万円
*金銭的な理由で参加できない人は相談してください。

2018-09-05

『パーマカルチャーによる里山創生プログラム♪』

8月28日~9月3日に武蔵野大学のOsamu Akashi先生が学生をパーマカルチャーセンター上籾へ連れてきて、『パーマカルチャーによる里山創生プログラム♪』に参加してくれました。とても有意義な一週間でした。One week Permaculture practicum for Musashino University students at Permaculture Center Kamimomi.
プログラムの内容は以下です。The program included:
・パミモミツアー Tour of the center
・パーマカルチャー入門 An introduction to Permaculture
・学生によるデザインプロジェクト&プレゼン Design project and presentation
・インスタントガーデンづくり Making an instant garden
・種まきと苗の定植 Planting seeds and seedlings
・ロケットマスヒーターづくり Rocket mass heaters
・大地の再生ワーク Regenerative landscaping
・稲の収穫(いそ作り、稲刈り、はざがけ) Traditional rice harvesting
・薪割り、竹の切り出し Splitting firewood and harvesting bamboo
・地域の方との交流、ジビエ(しし肉)パーティ 
Sharing local food with the local community
+スペシャルゲストによるトークやアクティビティ We also had a number of special guests, lectures and activities!
Matthew Bibeauさん ネーチャーゲームと自然観察 Nature games and observation
三宅 洋平 (Yohei Miyake)さん パーマカルチャー革命 The permaculture revolution
中尾 佳貴 (Yoshiki Nakao)さん 半農半Xと経済学 Half farming half X and the local economy
伊藤 賢一郎 (Kenichiro Ito)さん タイニーハウスと再生可能エネルギー Tiny houses and renewable energy
柴田 光基 (Kouki Shibata)さんと鈴木 史則 (Suzuki Fuminori)さん 久米南町町おこし協力隊と里山再生 Rural revitalization
・堀口博子さん エディブル・スクールヤード・ジャパン Hiroko Horiguchi Edible Schoolyard Japan
・社杣耕社のJon Stollenmeyerさん 伝統軸組み Traditional timber framing

いつも通り、麻生 真澄 (Masumi Asou)さんのローカルマクロビ料理もとても美味しかった! Delicious macrobiotic meals using local ingredients by 麻生 真澄 (Masumi Asou)
学生や教授の反応がめちゃよかったです!こういう声もありました!
「人と自然との関わり、付き合い方、それぞれの立場を考えさせられた。岡山に来て改めて日本の食と住に触れて多角的な見方ができるようになったのではないかと感じた。都会に住んでいると見えないものがここでは見ることができた。」-Nさん
「やっとパーマカルチャーがわかってきた!スタッフの皆さんには本当に感謝です。一週間とても楽しかったです。来てよかった。ありがとうございました。」-Sさん
「良かったこと 全部!! 自分の考えていることの共有やら、新たな視点で物事を見れるようになった。全身で感じた自然の豊かさ、人とのつながり、あたたかみ。」-Aさん
「あの空き家に住んでみたい!」-Mさん
「今回、このプログラムに参加して自分の夢を考えることができたのと、自然と触れ合って改めて大切さを知れたこと、このことは将来、自然を保全してもらう将来の担い手の子供たちにも学んで欲しいことだと思います。授業だけでなく実習をすることで自然に直接ふれることができた。次回はピザ窯にも挑戦したいです!」-Tさん
「学生が色々な体験や世界に触れることができて本当によかった。」-Oさん

皆さん、ありがとうございました。楽しかったです。また早く遊びに来てね! Thanks to everyone for an incredible week! Osamu Akashi-sensei, thank you for making it happen! We really look forward to next year!